薬剤師の仕事とは

薬剤師の仕事とは

病院で診察が終わった後、隣の処方箋薬局で薬を渡してくれるのが薬剤師のイメージという方が多いでしょう。
実際に知識さえあれば楽な仕事そうにも見えますが、重い点滴や湿布を運んだり、また、基本は立ち仕事なので肉体労働的な部分も多いのです。
ずっと部屋の中で薬を処方しているというような科学者のようなことばかりしているのではないのです。
「調剤」「製剤」と呼ばれる、薬の処方、医薬品の管理はもちろんの事、医薬品の管理や、入院患者への薬の説明、新人の教育などを、常に新しい薬への知識をつけながら行なっています。
実際に医師が知らない細かな薬の成分までも、しっかりと知識を備えていなければなりません。
医療業界では医師や看護師だけでなく、こうした薬剤師の影での功績が、治療に大きく結びついていると言っても過言ではないのです。

→転職にお役立ち!薬剤師の転職サイト人気ランキング