薬剤師の転職先について

薬剤師の転職先について

近年の調査結果をふまえると、求人先で最も多いのは、大手薬局チェーンだといえます。
調剤薬局を多店舗展開している業態ですが、大きい会社になると、調剤部門に薬剤師がいるだけでなく、営業にも薬剤師が関わる場合があります。
新卒者の採用の他、中途採用も活発に行っているため、転職希望者にとっても間口が広い就職先だと考えられます。
一般的に、大手薬局では、入社後の教育や福利厚生がしっかりしているといえるでしょう。

他方、町の中小薬局での求人は減って行くことが予想されます。
いつもの顔なじみの患者さんに丁寧に接するというのも魅力のひとつですが、今後はそのような風景も徐々に減って行くと思われます。
近くの医院の改廃業の影響を受けるため、経営が不安定だったり、家族経営による後継者難や、中規模の薬局では大手に買収されることもあるからです。

大手調剤薬局ではどこでもシステマティックに接客がなされるため、外部からは内情が窺い知れないこともあります。
今後も大手薬局での求人数は増える傾向にあるため、その中で条件にフィットした就職先を選択するには何よりも情報収集が重要になると思われます。

→転職にお役立ち!薬剤師の転職サイト人気ランキング